ロビン・ウィリアムズの子供たちが58億円の遺産を相続!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロビン・ウィリアムズの子供たちが5000万ドル(約58億円)の遺産を相続した。8月にカリフォルニア内の自宅で自殺を図ったロビンは、ザック、コーディー、ゼルダの3人の子供たちに大金を残していたと言われている。メールオンラインが入手したロビンの遺書のコピーによれば、3人目の妻スーザン・シュナイダーは2011年10月にカリフォルニア州のナパ郡で行われた結婚式に先駆け作成した婚前契約書に基づいて対処されることになっているという。また、ロビンは2011年1月31日に作成されたこの公式書類で、現在は遺産管理団体が運営しているロビン・ウィリアムズ・トラストを通じて遺産が振り分けられるように指示している。

長期間かけて行われた捜査の結果、ついに先週、ロビンの死因が自殺であったと断定されており、最近になって診断されたパーキンソン病をはじめ、長年患っていた不安神経症やうつ病、被害妄想などが引き金になったとみられている。ロビンに親しい関係者たちがTMZに語ったところによれば、パーキンソン病の症状の1つで幻覚などを引き起こすレビー小体認知症が自殺の「要因」であったと考えられているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop