マーク・ロンソン、1月にもニューアルバムを発売へ

マーク・ロンソンが新作アルバム『アップタウン・スペシャル』を1月に発売する予定だという。マークにとって2010年の『レコード・コレクション』以来のアルバムとなる本作には、ブルーノ・マーズやハドソン・モホーク、テーム・インパラのケビン・パーカーらが参加している。この新作についてマークは「去年、カリフォルニアのヴェニスにジェフ・バスカーと仕事をしに行った時にこのレコードのかなりいい曲が出来たんだよ。一緒に曲を書き始めて、まだ伝えていない何かがあると感じたんだ」と説明する。

先週には同作からの先行シングルとなるディスコ風の新曲『アップタウン・ファンク』を発表しており、ブルーノ・マーズがフィーチャリングされたこの曲やアルバムの収録曲の多くが、アメリカを旅している間に生まれたものだとマークはBBCラジオ1で明かした。「ジェフ・バスカーがある晩、『南にドライブして行ってこのシンガーを探すぞ』って言ったんだけど、絶対に実現しないような馬鹿げたことにしか聞こえなかったのになんと実現したんだよ」「車に乗ってバトンルージュやルイジアナ、ニューオーリーンズやミシシッピ、メンフィス、リトルロック、シカゴなんかの素晴らしい教会を回って、何千人もの歌手たちを目にした中で、俺たちの脳裏に焼き付いた1人の女の子を見つけたんだ。キヨンセ・スターっていう素晴らしいシンガーだよ。彼女もこのアルバムに参加しているんだ」

そんな待望の新作『アップタウン・スペシャル』は来年1月26日に発売予定となっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop