マシュー・マコノヒー、ジェシカ・チャスティンの祖母といちゃついていた!?

マシュー・マコノヒーがジェシカ・チャスティンの祖母といちゃついていたという。ジェシカは自分がいまだかつて見たことのないくらいマシューがジェシカの祖母といちゃついていたと冗談交じりにコメントしている。というのも2人が出演した映画『インターステラー』の試写会の会場で、ジェシカの祖母がマシューに会えたことにとても感激したようで、半狂乱でマシューの写真を撮り始め、マシューと笑い合ったりジョークを言い合ったりしている姿を見たジェシカはショックを受けたのだという。このことについてジェシカは、13日(木)に放送されたトーク番組『コナン』の中で「私が見たこともないような感じで彼は祖母といちゃついていたのよ!『インターステラー』の試写会で2人は会ったんだけど、私の祖母はもうマシューに夢中になっちゃって『マシューとセルフィーを撮りたいわ!』って言い続けていたんだから」「それから彼女はみんなの前で写真を取り巻くってて、マシューに向かって『あなたちょっとそこに立ってちょうだい』って言ったかと思ったら、マシューの写真をまた撮り始めたの」「そのあと私は2人の写真を撮ってあげたわよ。でもね、彼女は私が写真を撮っていることにも気づいていなかったと思うわ」

どうやらジェシカの祖母の目に留まったのは2012年にカミラ・アルヴェスと結婚したマシューだけでなく、アル・パチーノもその一人のようだ。ジェシカの家族の中でマシュー以外のセレブ達に心奪われた人はいるかという質問に対してジェシカはこうコメントしていた。「私の最初の大きなお仕事はアル・パチーノとだったんだけど、そこに祖母を連れて行ったことがあって、そのときにはアルと2人で写真を撮っていたわね。そして祖母はその写真を額に入れてベッドの横に飾っていたわよ。彼女のベッドサイドには...アル・パチーノって感じだったわね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop