新種のカエルがオジー・オズボーンにちなんで名づけられる!

新種のカエルがオジー・オズボーンにちなんでオジーと名付けられたという。ブラジルのアマゾン熱帯雨林で研究中の科学者が2009年の生物多様性調査中に発見した「けたたましいコウモリのような鳴き声を持つ」という全長19.4ミリのこのカエルは、1982年のライブ中にコウモリの頭を食いちぎったことで有名なオジーにちなんで、ペンドロプソファス・オジーと名付けられたという。この調査に参加している科学者の1人は「その鳴き声を聞いてすぐに新種だと分かりました。あのような鳴き声を聞いたことはなかったからです」と説明する。

長い手足の指を持ち、木に生息するというこのカエルを研究所に持ち帰ってから、研究者たちはその「コウモリガエル」のことをずっと話し合っていたそうで、オジー・オズボーンとブラック・サバスの話へとたどり着いたのだそうだ。

この話を聞いて、オジーの娘ケリーは、ナショナルジオグラフィックの記事にリンクを付け、感激のコメントをツイートしている。「新種のカエルが自分の名前にちなんで名づけられると、達成したと分かるものよね!!!お父さん、おめでとう」また、9日(日)にグラスゴーで行われたMTVヨーロッパ・ミュージック・アワードでグローバル・アイコン賞をオジーが受賞した際にケリーは「最初はカエルで今回はこれ。お父さん、今日は絶好調ね!おめでとう!とても誇らしいわ!」とコメントしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop