コリン・ファレル、アイルランドの同性婚を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コリン・ファレルがアイルランドでの同性婚の権利を支援するキャンペーンを行っている。LGBTに対する平等な権利を求めるコリンは、自身がゲイであることを公言している兄エイモンが法的にパートナーと結婚するためにわざわざカナダに行かなければいけなかったことに幻滅し、出身地のアイルランドでの合法化を求める活動に力を入れるようになったようだ。サンデー・ワールド紙に対する寄稿でコリンは「僕の兄が結婚という夢を実現するためにアイルランドを離れなければいけなかったという事実は信じられないことです」「だからこそ、これは僕にとってもとても関わり合いのあることなんです。正義というもののはかりを正す時なのです。来年の投票に向けて登録することで、個々の意見を表すことができるようになります」「僕の兄はダブリンの家で数年間連れ添っている夫のスティーヴンと安定した生活を送っています。この2人は僕の知る中で最も健康的で幸せな夫婦と言えるでしょう」と綴っている。

学生時代から兄がゲイであることを知っていたコリンは、エイモンが男性に惹かれることだけが理由で殴られることなどがあっても、同性愛嫌いのいじめに立ち向かってきた姿を誇りに思っているという。「僕は兄がほとんどの同世代の少年たちのように異性愛者の軍団に屈していなかったということを12歳頃に気づいたと思います。とても驚き、好奇心をそそられたことを覚えています。それまで知っていたことや耳にしていたこととは全く異なることでありながらも、僕にとっては不自然なことに思えなかったため、とても興味を駆り立てられました。兄が男性を好きだということはただ知っていましたが、繰り返して言います、僕にとっては不自然なことに思えなかったのです」「兄エイモンは、ゲイであることを選んだわけではありません。アイライナーを付けて学校に行くことは自分で選んだことだとは認めます。それは彼が経験していた学校のいじめという毎日の拷問に対する最も実用的な反応ではなかったかもしれません。しかし、彼は常に自分自身に誇りを持っていたのです。誇りを持ち、反抗的で、もちろん、挑発的だったのです。たとえ他人が彼を拳や冷やかし、そしてただの忌まわしい愚弄で追報しようとしている時でさえも、彼は自身に降りかかった残酷さに対して誠実さと威厳を保っていたのです」

アイルランドでは来年の前半に同性婚の合法化についての国民投票が行われることになっている。5年前には同性愛のカップルがパートナーと市民パートナーシップを申請できる権利が与えられていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop