ジャック・キルマー、サンローランのメンズコレクションの新しい顔に抜擢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャック・キルマー(19)がサンローランのメンズコレクションの新しい顔に抜擢された。『トップガン』でおなじみのヴァル・キルマーの息子であるジャックが同ブランドのメンズコレクション「パーマネント」の広告塔になる契約を交わした。ジャックは6月にサンローランの2015年春夏コレクションのショー「サイケロック」にも参加しており、その際にはクリエイティブ・ディレクターであるエディ・スリマンと共にそのモノクロの広告撮影にも臨んでいた

そんなジャックはジア・コッポラ監督作『パロアルト』でエマ・ロバーツと共演したことで、俳優業に進みたい願望を以前は話していたが、1988作『ウィロー』に出演した父親ヴァルと母ジョアンヌ・ウォーリーのような俳優の道をずっと目指していたわけではなかったと認めている。ジャックは4月に『パルアルト』での自身の役どころについて「面白いよ。みんな子供のころから『両親がしているようなことをやりたいと思いますか?』って聞いてきたもんだけど、いつだって、ノーって答えてきたよ。分からないけど、頑固とかそういうのとは違うんだ。だって僕は普通の子供だったからね」「でも、この役を通して両親が人生の中で何をし続けてきたかってことが分かったよ。(今は)演技に対して完全に違う見方を持っているし、なんだかとても惹かれているよ」とハフィントン・ポスト紙に話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop