ボブ・ゲルドフ、生放送中のテレビから追い出される!

ボブ・ゲルドフが17日(月)、放送禁止用語を2度発したことで生放送中のテレビ番組から追い出された。スカイニュースから脱税するミュージシャンについてインタビューを受けていた際、ボブはその生放送中の番組で放送禁止用語であるの罵り言葉を2度も使ってしまった。キャスターのジェイン・セッカーが、税金を逃れるためにチャリティ活動であるバンド・エイドのシングルに参加している有名人もいるのではないかという仮説を立てた際、ボブは放送禁止用語を使って「そんなのでたらめだ」と答えた。そしてセッカーがもう少し「色味を抑えた」言葉使いをするように頼みながらもインタビューを続け、2つ目の質問を投げかけられた際にもボブが同じ反応をしたため、ボブのマイクは消音にされ、インタビューは終了となった。

そんなひどい態度でのボブの出演を受け、セッカーは質問逃れしただけだと批判のツイートをしている。「ボブ・ゲルドフはポップスターによる脱税についての質問やバンド・エイドの伝説に対する批判に応えるつもりがなかったようです。(罵倒言葉では回答しましたがね)」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop