レア・セドゥ、美の秘訣は湯船の後に水シャワー!?

レア・セドゥは美を保つために、湯船につかった後は時々水シャワーを浴びるのだという。モデルや女優として活躍するレアは、肌を最高の状態に保つために何をしているかという質問に対し、ナチュラルなルックスでいることを推奨すると共に、時々水シャワーを浴びるという美容の秘訣を語った。「自分の感情に絶えず耳を傾けて、ヒールを履いて、笑顔でいること!それに、肌に息抜きをさせてあげるために、可能な時は出来るだけお化粧をしないことかしら」「演技をする時は沢山のメイクアップをしなきゃならないでしょ。だから、仕事じゃない時は、顔に息をさせてあげる必要があるのよ。いつもベッドに行く前に化粧を落とすわ。それに、お風呂の後には水シャワーを浴びるの...とても刺激になるのよ」

さらに、パルム・ドール賞を受賞した『アデル、ブルーは熱い色』に出演を果たしたレアは、プラダの香水「キャンディ」の広告撮影でした演技がどれだけ自身に「ダイナミックな影響」を与えたかを英ヴォーグ誌に続けた。「CMの中で演技するということは、私にとって、つまりあるキャラクターを演じるということなの。キャンディはいつだってとてもカラフルだし、独特のキャラクターがあるわ。キャンディはやりたいことはやりたい時にやるってタイプのとても直感的な若い女性ね。ジャン=ポール・グードとの最初の広告では、キャンディはもっと甘やかされていて、反抗的だったわ。でも、今、彼女が少し成長したのが分かるわ。もっと落ち着いたキャラなのよ。プラダ・キャンディ・フロラーレでは、キャンディの持つ自由で、明るく、セクシーな雰囲気が洗練されて表現されているわ。特にこのプラダ・キャンディの香水は花から着想を得ていて、このミステリアスな花の香りが、私にダイナミックな影響を与えたわ。この香りが身に着ける者に喜びと美をもたらすのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop