カーリー・クロス、デザインを学ぶ学生たちをクッキーで支援!?

カーリー・クロスがアメリカファッション協議会(CFDA)を支援するための「ココ・クッキー」という名のビスケットを発表した。ヴィクトリアズ・シークレットのモデルを務めるカーリーは、デザインを学ぶ学生たちにCFDAのメンバーと共に指導者が付く機会を提供するCFDA基金のエデュケーショナル・イニシアチブスの資金集めのために、デザートショップであるモモフク・ミルク・バーのシェフ、クリスティーナ・トシとタッグを組んでココナッツ風味のクッキーを発表した。カーリーは「このココ・クッキーは、私の大好きなものである、クッキーとファッションと、お返しするっていうことの全てが一緒になったものよ」と話す。

一方のCFDAのスティーブン・コルブCEOは「CFDAはデザイナー達のキャリアのそれぞれのステージを支援しています。しかしながら、最も重きを置くところはファッションデザインの学生達に技術と知識を有益に身につけることを確実にすることです」「カーリーとクリスティーナは、若手のデザイナーたちが経験豊富なデザイナー陣から直接話を聞ける機会を作ったのです」とコメントした。

また、2012年にお腹を空かせた子供たちに栄養価の高い給食提供を行うフィード・プロジェクトの資金集めのために、「パーフェクト・10・クッキー」を作った際にもカーリーとコラボしたことのあるクリスティーナは、今回のクッキー・プロジェクトについてStyle.comにこう話している。「甘いものとココナッツの歯ざわりへ対する愛を大切にして、私の大好きな冬の季節の味を加えることによって、このとんでもなくおいしいクッキーの名前の元になったココ・シャネルもきっと誇りに思うでしょうね!」

この新作クッキーはモモフク・ミルク・バーにて、1枚3.33ドル(約400円)、半ダース22ドル(約2600円)で発売されている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop