キアヌ・リーブス、ターセム・シン監督最新作で世界を救う!?

キアヌ・リーブスが新作映画『ザ・パノプティコン』に出演する可能性があるようだ。キアヌが『インモータルズ 神々の戦い』のターセム・シン監督が手掛ける最新アクション・スリラー作での主演に向けて、グッド・ユニバース社と話し合いを進めているとザ・ラップが報じている。

クレイグ・ローゼンバーグが脚本を執筆した本作は、平凡な生活を送っていたかのように見えた男性の元にある日、自分自身によって録画されたメッセージの入った小包が届き、それにより世界滅亡が迫っており、それを自分が防げると知らされるというストーリーになっている。その後、その主人公は時間が差し迫る中、手がかりをつなぎ合わせていくことになるといった展開だ。プロデューサーにはアンドリュー・ラザール、製作総指揮にはヘイサン・カヘインとグッド・ユニバース社のジョー・ドレイクがそれぞれ就任している。

キアヌは最近、復讐劇を描いた『ジョン・ウィック』が公開になっていたほか、『ノック・ノック』と法廷ドラマ『ザ・ホール・トゥルース』の撮影を終了したところだ。現在は『ドーター・オブ・ゴッド』の撮影に取り掛かっているところで、今後にはターニャ・ウェクスラー監督作『レプリカズ』とブライアン・カーク監督作『パッセンジャーズ』が控えている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop