シェリル・クロウ、チャリティのために私物をネットオークションに出品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェリル・クロウがチャリティに向けて私物のカウボーイ・ブーツをネットオークションに出品するようだ。シェリルは非営利組織フィーディング・アメリカの資金集めのために、オンラインオークションサイトのイーベイが運営するチャリティ・ショップで着なくなった私物の服、靴、小物を売ることに決めたという。「20年やそこらツアーを敢行してきたわ。その間に沢山のものを集めたのよ。自分の服、ブーツ、ハンドバッグ、私がもう着ていないものすべてをイーベイのネットオークションにかけることにしたの。これらのアイテムやブランドものなどを購入できるのよ」

シェリルとフィーディング・アメリカとの関係は20年もの間続いており、ナッシュビルで共に暮らしている養子の息子2人も今ではその活動を手伝っているという。シェリルはピープル誌に「小切手を切るってことが必ずしも全てではないわ。そこに参加してボランティアするってことなのよ。ナッシュビルでボランティアしたことで、どんな人々がフードバンクに訪れるかを知ったの」「ホームレスの方だけではなくて、子供を食べさせるのに苦労している母親や、仕事のない人たちもいるのよ。これは収入の範囲でやりくりしようとしている沢山の人々にとって、必要な活動なの」と話した。

さらに、シェリルは沢山のカウボーイ・ブーツを持っていることから、今回競売にかけることに未練はないと続けた。「80足以上のカウボーイ・ブーツを持っていて、沢山のジーンズも持ってるわ...自分の持っているもので、誰かの助けになることができるなんて、嬉しくなるわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop