ライアン・ゴズリング、最もセクシーな男の栄冠を辞退していた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライアン・ゴズリングがピープル誌が毎年発表する「最もセクシーな男」の栄冠を辞退していたようだ。最終的に今年の栄冠はクリス・ヘムズワースが勝ち取っており、毎年勝者はその月の発刊号の表紙を飾るというのがお決まりとなっているが、実のところライアンとライアンのマネージメント会社は何度もこの賞を断っているとみられている。ある関係者は「ピープル誌は何度もライアンにこの栄冠を与えようとしていたようなんです。特に彼が大活躍した2011年ですね」「大きな理由としては彼がこの賞を受け取るには真面目すぎること、アーティスト的過ぎることのようです」と明かしている。

しかしこの噂をピープル誌は断固として否定しており、今年の賞にはクリス以外選んでいないと同誌の編集長はTheWrap.comに話している。「ライアン・ゴズリングが最もセクシーな男と称される日を楽しみにしていますが、それは今年ではありませんでした」「我々の2014年の栄冠はクリス・ヘムズワースが最初から唯一の受賞者でした。その理由を知りたいなら、ただ彼を見てみてください」

その一方で他の関係者もクリスが同誌のこの賞の1番の候補ではなかったと発言していた。「ピープル誌はジャスティン・ティンバーレイク、ライアン・ゴズリング、ジェイク・ギレンホールらを選ぼうとしたのですが全て拒否されたそうですよ」「そのほかの数人のセレブたちにも尋ねたそうですが、最終的にクリスで落ち着いたそうなんです。まあ彼はカッコいいですからね。それに多くの人が拒否したこの賞をクリスは快諾してくれたようですしね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop