人間の排泄物を利用したバスがイギリスで運行開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の排泄物を燃料とした新型バスがイギリスで運行を開始した。人間の排泄物と生ごみから発生するガスによって走行する40席のバイオ・バスは、ディーゼル車よりも排気ガスを大幅に減少させるとされており、イギリスの空港からのシャトルバスとして運行されるという。このガスを生産するGENeco社の取締役は、この取り組みについてこう話す。「ガスを燃料とした乗り物は、イギリスの大気質の改善において重要な役割を果たしますが、バイオ・バスはさらに追及し、恐らくバスの乗客も含まれるその地域の住民によって動くことになるのです」

技術者たちは下水や生ごみから発生するガスを燃料とするこのバイオ・バスが、大気質を改善すると同時に地球にやさしい方法で公共交通機関に燃料を供給できるのではないかと考えているようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop