クリス・プラット、『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』で主演へ?

クリス・プラットが新作映画『カウボーイ・ニンジャ・バイキング』での主演に向けて交渉中のようだ。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』も記憶に新しいクリスが、今度は複数の性格を持ち合わせた暗殺者を描いたA.J.リーバーマンとライリー・ロッスモによるグラフィックノベルの実写化となるこの作品で主役をオファーされているとデッドラインは報じている。監督はまだ決定していないものの、『ゾンビランド』の脚本家であるエヴェレット・デイヴィッド・リースがすでに草稿を執筆しており、『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』のクレイグ・メイジンが改稿を手がけている。ザ・マーク・ゴードン・カンパニーのマーク・ゴードンが、ガイモン・キャサディーとベン・フォークナーと共にプロデューサーを務める予定だ。

そんな待望の新作への出演が噂されるクリスは、「ジュラシック・パーク」シリーズ第4弾となる待望の新作『ジュラシック・ワールド』に出演している。先日クリスは来年に公開予定の同作の撮影が完了したことを明かしており、観客を驚かせる作品になると自信を語っていた。「みんなの度肝を抜くよ。すごい最高の作品になるよ。シリーズの長年のファンのみんな、心配することないよ」

第1作目に登場した恐竜をはじめ、新種の恐竜も数多く登場することになっている同作には、クリスのほかにブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ、オマール・シーらが出演している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop