ジェニファー・ローレンス、リアム・ヘムズワースとのキスシーン前にニンニクを食べる!

ジェニファー・ローレンスは『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』でのリアム・ヘムズワースとのキスシーンを前に、ニンニクと魚を食べていたそうだ。『ザ・トゥナイト・ショー』でリアムは、ジェニファーとのキスシーンがあまり良いものではなかったと明かしている。「ジェニファーは親友の1人だし、大好きだよ。でも俺たちがキスシーンをする時には、彼女はあえてニンニクとかマグロとかを食べるんだよ」「だからジェニファーにキスしなきゃいけない時は、いつもあんまり良いものではなかったね」

そんな一方で、同人気シリーズで主役のカットニス・エヴァディーン役を演じているジェニファーは先日、あまりにも普通な環境で育ってきたため、有名であることに慣れるのは大変だとデイリー・スター紙に語っていた。「私はこの業界で育ったわけじゃないから、全体像が見えるのよ。私はハリウッド出身なんかじゃなく、ケンタッキー出身だからね」「ユーモアがこの業界で生き残るのに役立ったわ」「うちの父からはいつも自分のことを笑い飛ばすべきだと教えられたの。5分間はまじめな会話が出来ると思うけど、その後はまた笑いに戻りたくなるの」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop