インドで8本の手足を持った赤ん坊が誕生!

8本の手足を持って生まれた赤ん坊がいるようだ。インド、西ベンガル州にある村で誕生したこの男児は4本の腕と4本の足を持つことで神とあがめられ、その姿を一目見ようとする人々が列をなしているという。この赤ん坊の症状は母親の子宮内で双子が結合したことが原因と考えられているが、神と称えて涙しながら祈る人もいれば、この世の終わりを告げるサインだと捉えた人もいるそうだ。

この赤ん坊の親族はインドの地元テレビ局に対してこう話している。「最初にあの子が出てきた時はとにかく信じられませんでした。看護師たちはかなりの奇形児だと言っていましたが、私にはそれが神のおぼしめしに見えました」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop