アンドリュー・ガーフィールド、メル・ギブソン監督予定作品に出演交渉中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドリュー・ガーフィールドがメル・ギブソンが監督を務めると言われている新作『ハクソー・リッジ』で主演を務めるかもしれない。アンドドリューが交渉に入っている役は、第2次世界大戦中にアメリカ陸軍に医療隊員として所属し、1945年に沖縄で82日間の対戦の間日本軍兵士を殺すことを拒否したデズモンド・T・ドスという実在した人物だという。ドスは戦闘に加わることを拒否したものの、戦争中に多くの兵士の命を救ったことからその勇敢な精神を称えられ名誉賞を与えられていた。

ギブソンも現在同作の監督候補として交渉に入っているようで、この作品で監督を務めることになれば2006年作『アポカリプト』以来になる。

同作の脚本はランダル・ウォレスとロバート・シェンクカーンによって書かれており、来年には撮影がスタートするといわれている。ギブソンとウォレスはアカデミー賞を受賞した1995年作『ブレイブハート』でも共に製作陣として関わっていた経緯がある。

ちなみにアンドリューはマーティン・スコセッシ監督の新作『サイレンス』の撮影に間もなく参加するようだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop