ザ・リバティーンズ、グラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーへ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・リバティーンズがグラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務める可能性が出てきた。昨年数回の公演で再結成を果たしている同バンドは、メインのピラミッドステージか他のステージかは定かではないが、来年6月にイングランド南西部サマーセットのワーシーファームで開催される同フェスの出演最有力候補に挙がっているようだ。ある関係者はザ・サン紙に「ザ・リバティーンズがグラストンベリーの出演候補に長い間挙がっていましたが、ザ・リバティーンズのやる気を運営側がみて、候補トップになったようです」と語った。

また、来年のフェスには、両者出演しないと主張しているフー・ファイターズやフリートウッド・マックもヘッドライナーを務めるのではとみられている。フリートウッド・マックのドラマーであるミック・フリーウッドは「俺らはグラストンベリーが大好きで、その素晴らしいフェスにまつわる歴史も好きなんだ。だけど、プレイはしないよ。グラストンベリーにネガティブな思いはないけど、ただ、みんなにあのフェスが俺ら向けだと思って欲しくないんだ...絶対にないという可能性は否定しないけどね」と話した。同バンドの「オン・ウィズ・ザ・ショー・ツアー」のヨーロッパ公演日程によると、グラストンベリーが開かれる来年6月26日から28日の間は何も予定が入っていないようだ。

一方フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは、オファーされてはいないものの、出演することに興味があるようだ。「(フェス創設者のマイケル・イーヴィスは)まだ俺に電話してきてないよ。つまり、俺は電話番号を渡したくないとうことさ。でも、パフォーマンスはしたいよ!あのフェスには前に行ったことあるよ。楽しかったね。どうなるか様子をみてみよう。電話会議があったら、考えてみるよ」

そのほか、2009年に解散したオアシスも同フェスへ出演するのではと噂が立っている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop