ある中国人男性の脳内にサナダムシが4年間も寄生!

4年間も男性の脳内に寄生していたサナダムシがいたようだ。中国出身で現在はイングランドのイースト・ミッドランズに住むこの50歳の男性は、頭痛や記憶障害、嗅覚の欠陥などを訴え、何度も医者を訪れていたものの、全長10センチに及ぶその寄生虫が脳内にいることが発見されるまでなんと4年もかかったという。地元の医師は「イギリス国内ではこういったタイプの感染は予測されませんが、世界旅行を考えれば、馴染みのない寄生虫も現れるということですね」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop