メリル・ストリープ、スティーヴィー・ワンダーらが大統領自由勲章を受章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メリル・ストリープやスティーヴィー・ワンダーらが24日(月)、大統領自由勲章を受章した。アメリカで文民最高位とされているこの勲章が、ホワイトハウスで行われた式典でオバマ大統領よってメリルとスティーヴィーを含む合計18人にメダルと共に授与された。オバマ大統領はメリルにメダルを授与したことを受け、どれほどメリルのファンであるかをこのように語っていた。「私はとても彼女のことが好きです。彼女の夫もそのことを知っていますよ。私の妻ミシェルもそのことを知っているくらいです。私が彼女のことを好きだということについて2人ができることは何もありません。メリルはアメリカを牽引する女性の1人です」「彼女は自身の作品のために全てのことをやっています。『マンマ・ミーア!』ではアバの曲を歌ったくらいですからね」

スティーヴィーについてオバマ大統領は、自分が子供の頃おこづかいで買った初めてのアルバムがスティーヴィーの『トーキング・ブック』であったことを思い返しながら次のようにコメントしている。「私が10歳か11歳の頃でしたね。自分のお金で買ったんです。たくさんのお小遣いは持っていませんでしたけどね。そして擦り切れるまで聴きましたよ...若者のみなさん、あなた達は将来こんなことを覚えていないかもしれないけれど、アルバムってものがあったんですよ」

今年19人に授与されるはずだったこの勲章だが、ブロードウェイ作曲家のスティーブン・ソンドハイム氏が今回の式典に出席することが出来なかったため、来年勲章を受け取ることになるそうだ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop