ヴァネッサ・ハジェンズ、ストーカー男性に対する接近禁止令を獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァネッサ・ハジェンズがストーカーとされる男性に対する接近禁止令を獲得した。ヴァネッサは、ジュニアー・カボンゴが「かなり生々しい」表現と共にヴァネッサとの結婚の意志が表記された数々のメールを送ってきた後、遂にはヴァネッサに会うためにアフリカからロサンゼルスへとやってきたことことから、裁判所に禁止令を要請していた。

カボンゴが送ってきたメッセージの中には「こんにちは、君のことを愛しているから結婚したいんだ」というものや「僕たちが毎回愛の営みをする時、君がこれまで感じたこともないような感覚を与えてあげるペニスを神様は僕にくれたんだよ」というものなどがあったという。また、カボンゴは別のメールで、自身のハリウッド界入りの欲望までも綴っていたとTMZは報じている。「君を愛しているよ。君と結婚したいよ。僕は脚本を書くんだ。僕は映画スターになりたいんだ」

カボンゴはその後、ヴァネッサに会うためにロサンゼルス行きの飛行機を予約したと伝えており、今月1日と4日にヴァネッサの自宅付近を車で走っていることが目撃されたことから、今回の接近禁止令を要請するに至ったようだ。これを受けて担当裁判官はカボンゴに対し、ヴァネッサとヴァネッサの恋人オースティン・バトラー、そして妹ステラの3人の100ヤード(約91メートル)以内に近付かないことを命じた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop