クリスティン・ベル、約1000万円分の子育てグッズを寄付!

『アナと雪の女王』のアナ役でおなじみのクリスティン・ベルが9万1500ドル(約1100万円)分のベビー用品を妊婦の女性たちに寄付したようだ。自身も現在夫ダックス・シェパードとの第2子を妊娠中のクリスティンは授乳用のブラジャーや搾乳機を必要としている人たちにこれらを寄付することは自分の人生において最優先事項であると声明文の中で語っている。「私は新しく生まれてくる子供たちにのために、欠くことのできない用品を持つことの大切さをわかっています。さらに母親という旅を成功することを確実にするためにサポートする環境が計り知れない価値を持つことを知っています」「助けを必要とする母親になる人たちのためにできるすべてのサポートを行うことは、私にとって最優先事項なのです」

クリスティンと夫ダックスは2人目の妊娠に関してとてもリラックスしているようで、「過度にストレスを感じていない」と自身の妊婦生活について以前クリスティンはこのように明かしていた。「育児に関して準備していることはひとつもないの...私たちはただ生まれてくる子供を乳母車に入れるだけよ。新生児のことを世話するのはストレスよ、でもそんなでもないわ。ただミルクを上げてきれいにしてあげるだけよ」さらにクリスティンは、妊娠中に長女のリンカーンちゃんに手話を教えることに忙しくしているようで、すでに40~50もの手話を覚えていることから、「最もスマートな子供」になるに違いないと語っていた。「リンカーンは沢山のサインをするのよ。これっていいことでしょ。言語が発達する前にコミュニケーションが取ることができることは赤ちゃんたちがもっと幸せになれるっていう研究結果がたくさんあるのよ」「まだ言語が発達していない状態なのに赤ちゃんたちは私たちが言っていることすべてが理解できるのがこの時があるのよ」「私は赤ちゃんと話すことができて、すばらしいことに彼女は3つか4つの言葉を使った文章を返してくるのよ。リンカーンがキッチンに来て、歌うように『もっと、クラッカー、頂戴!』って言ってくるの。だから私は『わかったわ!』てな感じなのよ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop