ロッド・スチュワート、交通事故で指骨折していた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッド・スチュワート(69)が正面衝突事故に遭い骨折していたそうだ。命に関わりうるほどの衝突事故に遭ったというロッドは、幸いにも指骨折のみで済んだようで、日をおいて出席したある豪華なイベントでは、骨折部分をシルバーで塗ってレッドカーペットの上を歩いていたようだ。妻のペニー・ランカスター(43)の話によれば、その事故の後で命があったロッドは本当にラッキーだったようだ。「ロッドはあるショーへ向かう途中、不運なことに交通事故に遭ったの。幸運にも指を折っただけですんで、あまり負傷せずに逃れることができたのよ」「黒と青だったから、指をシルバーに塗ったのよ。ある車が対向車線を走っていたから、完全に正面衝突だったわ」ロッドは、事故の2週間後である10月中旬に、ロサンゼルスのメルセデス・ベンツ・カローセル・オブ・ホープ・ガラでその銀色の爪を披露していた。

そんな災難にあったロッドであったが、同イベント会場でペニーのお腹をさする様子を写真におさめられたために、ペニーの妊娠説が浮上する結果となっていた。しかし、英ITV局『ルーズ・ウーメン』の出演したペニーがその噂を一掃している。「手を繋いでいなかったら破局とかになるのよね。体重が減ってきていてドレスを着こなすのに自信がないから、ロッドが『おお、みてみろよ。誇りに思うよ』って感じでお腹を触ったんだと思うわよ」「でも、それが『妊娠している』ってことになってしまったのよ。してないけどね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop