デビッド・ベッカム、自身のアパレルラインを発表

デビッド・ベッカムが自身のアパレルラインを発表した。デビッドは長年のビジネスパートナーであるサイモン・フラーと共に、カルバン・クラインやトミーヒルフィガーを展開するリー・アンド・ファンの系列会社グローバル・ブランズと提携してそのコレクションを発表することになったとWWDが報じている。グローバル・ブランズはデビッドの「世界で最も有名なスポーツ人でありファッションアイコンの1人としてのスター性とステータス」を理由に以前から提携を希望していたようで、サイモンに関しては「消費者、才能、スポーツ、エンターテイメントの権利への深い理解」を持ち、同コレクションの駆動力であると称えている。今年に入って、ベルスタッフに向けたバイク用ジャケットのカプセル・コレクションも発表するなどファッション界でも華々しい活躍ぶりを見せているデビッドは、このプロジェクトチームを「今までに類をみないもの」とし、サイモンと共に同プロジェクトに携われていることが嬉しいと語っている。「サイモンと僕は長年に渡って仕事をしてきているんだ。彼以上にアーティストやその権利に関して知識がある人はいないよ」

また、グローバル・ブランズは以前「あるスポーツ界の有名人でありエンターテイメント界のスターである人物と権利保持者と共に世界規模のブランドを設立することに」興味があるという意向を示していた。

デビッドの妻ヴィクトリア・ベッカムも2008年にサイモンとタッグを組んで自身の名を冠したブランドを発表しており、1日(月)には、ロンドンで開催されたブリティッシュ・ファッション・アワーズの席で最優秀ブランド賞を獲得した。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop