スモール・フェイセスのイアン・マクレガンが死去

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スモール・フェイセスのイアン・マクレガンが死去した。スモール・フェイセスとフェイセスでキーボードを担当していたイアンは、「重い脳卒中」に襲われたと伝えられた後、3日(水)にテキサス州オースティンの病院で息を引き取った。69歳だった。ロッド・スチュワートとロニー・ウッドがバンド加入した1969年にスモール・フェイスから名を改めたフェイセスは1975年に解散となり、その後イアンはボブ・ディラン、ビリー・ブラッグ、ブルース・スプリングスティーン、チャック・ベリーを含むトップミュージシャン達とプレイするセッション・ミュージシャンとして活躍した。

イアンと活動を共にしたアーティストの中でもいち早く追悼の意を表したビリーは、イアンを英国ロックの中で「最も素晴らしいプレイヤー」の中の1人だとツイッターで称賛した。「親愛なる友人を失くしたよ。英国ロック界は、最も素晴らしいプレイヤーを失ったね。イアン・マクレガン、安らかに眠れ」

さらに、今週には、ザ・ローリング・ストーンズのサックスプレイヤーであるボビー・キーズの訃報を受けたばかりであるロニーも、ソーシャルメディアにお祈りするで手を合わせいる写真を投稿し、「ボビーとマックに神のお恵みを」とキャプションを付けてその悲しみを表した。

そのほか、セックス・ピストルズのギタリストであるスティーヴ・ジョーンズは「イアン・マクレガンのことを聞いて悲しいよ。イアンとザ・フェイセスは俺の10代の大半を占めていたよ」とツイートした。

2006年に妻キム・ケリガンに先立たれていたイアンは、家族や友人に囲まれて息を引き取ったと伝えられている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop