コールドプレイ、最終作となるアルバムを制作中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コールドプレイが自身らにとっての「最後」となるアルバムに取り掛かっているという。現在第7作目となるスタジオアルバム『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』に着手しているという同バンドだが、この次回作が「ハリー・ポッター」シリーズの最終作と同じようなものだとクリス・マーティンは語っている。「まだ誰にも言っていないんだけど、俺たちは『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』っていうアルバムを作っているところなんだ。制作の真っ最中なんだよ」「これは俺たちにとって7作目になるんだけど、それを『ハリー・ポッター』の最終作みたいなもんだと捉えているんだ」「いつかまた新作を作るってことがあり得ないっていうことじゃないけど、何かの終了となるものなんだ。『ゴースト・ストーリーズ』からすぐにまたスタジオに戻ったのは最高だったね」

このアルバムをバンドにとっての最終作とみなしているというクリスは、その新作を引っ提げてのツアーを最後にそれぞれの道を歩んでいくとしている。「かなり違ったサウンドの作品を作っているから、バンドにとっても楽しい時期だよ。これが俺たちの最後の作品を見ているけど、そうでもしないと全てを注ぎこもうと出来ないからね。その後はツアーに出るつもりさ」

BBCラジオ1でゼイン・ロウの今年最高の曲100選でシングル『マジック』がトップに輝いたことが発表された後に今回の発表をしたクリスだが、後になってこのビッグニュースを伝える許可を他のメンバーから得ていなかったと続けていた。「君のせいだよ。このことを話しちゃったことにちょっと不安を覚えているんだ。だって許可を得ていなかったからね!」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop