南アフリカでゴルフ中の男性がワニに殺害される!

南アフリカのクルーガー国立公園でゴルフ中の男性がクロコダイルに殺害される事件が起こった。この29歳の男性は今月3日の晩に全長13フィート(約4メートル)のクロコダイルによって水中に引き込まれたという。事件当時、この被害者の男性は同国立公園内にあるスククザ・ゴルフ・コースのパニック湖に落ちたボールを拾おうと水中に腰の高さまで浸かっていたと言う。同国立公園のスタッフは「クロコダイルは食糧を狩るという自然な反応をしただけでしたが、不運にもその過程で1人の人間の命が失われてしまいました」とコメントしている。

翌4日午前、そのクロコダイルが公園保護官によって射殺された後、被害者の遺体は発見されている。遺体の背中には歯形がついていたものの、ほかに損傷はなかったようだ。この被害者の男性は公園職員夫婦の息子で、クルーガー国立公園で育ったという。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop