ポール・マッカートニーが『アビーロード』のジャケットを再現!?

ポール・マッカートニーがあの有名なアルバム『アビーロード』のジャケットを狼人間の格好をして再現したという。10月のハロウィーンパーティーの後に帰宅する際にロンドンにあるアルバムと同じ名前のアビーロード・スタジオの近くを通り過ぎたポールは、スタジオ近くにあるあの有名な横断歩道にて、1969年にリリースされたあのジャケットの中で残りのビートルズのメンバーと共にポーズをしていたような姿を妻ナンシー・シェベルに写真を撮ってもらったようだ。狼人間のマスクは自身の孫を「怖がらせるのに素晴らしい効果を発揮した」と自慢したポールは、BBCラジオ2のインタビューでそのアビーロードの件をこう話した。「僕が誰かなんてみんな気づくこともできなかったよ。パーティーから帰る途中、あの横断歩道を渡ってて、『止まって』って言ったんだ」「そのゼブラ柄の横断歩道を、この狼人間の格好で渡る自分の姿を写真に撮ったんだ。もちろん、僕のせいで(道路で)待たないといけなくなったタクシーの運転手はイライラしていたけど、『やんなきゃだめだよ』って僕が言って、ナンシーにポーズをしてみせながら、『そこから写真を撮らなきゃだめだよ』って言ったら、ナンシーは理解して、みんなにインスタグラムで公開したんだ」

さらに、未だにアビイ・ロード・スタジオを利用するというポールはビートルズを有名してくれたスタジオに戻るたびに、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターとそこで共に過ごした日々の昔話を周りにしてしまうと続けた。「僕にとって、ツアーが始まったところで、誰が一緒にいようとも、僕は『ビートルズがここから生まれたんだ』って言うんだ。僕がこの話を始めてしまったら、みんなを飽き飽きさせてしまうんだ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop