グリーン・デイのジェイソン・ホワイト、ガンの闘病中であることが発覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーン・デイのギタリストであるジェイソン・ホワイトがへんとう腺がんを診断されたという。2012年に正式に同バンドメンバーとなったジェイソンがその「治療可能な」がんとの闘病生活を送る中、メンバー一同はファン達に「愛と回復への前向きな思い」を送るように公式ウェブサイトで呼びかけている。「僕らの兄弟とも言えるジェイソン・ホワイトについてお伝えしたいニュースがあり、噂が広まる前に直接僕らからお知らせしたいと思います」「ジェイソンが最近、既定のへんとう摘出術を受けたところ、その際に医師団が治療可能なへんとう腺がんを発見しました。ありがたいことに早期発見だったため、ジェイソンは迅速な全快が見込まれています。この時期に彼に向って愛と回復への前向きな思いを一緒に送ってください」

ジェイソンは1990年初頭にグリーン・デイのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングのサイドプロジェクトであるピンヘッド・ガンパウダーに参加し、その後1999年にグリーン・デイのツアーギタリストとなった。その後同バンドの全ツアーに参加し、2012年に3部作『ウノ!』、『ドス!』、『トレ!』をリリースした際に正式なメンバーとなっていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop