ハル・ベリー、娘の髪の毛を法医学分析?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハル・ベリーが娘の髪の毛を法医学分析に出したと報じられている。ガブリエル・オーブリーとの6歳の娘ナラちゃんの親権争いが泥沼化しているハルは、ガブリエルが娘の髪の毛を脱色としたとしており、ゴシップサイトTMZによるとナラちゃんのヘアブラシから採取した髪の毛を法医学分析の研究所に送ったという。

ハルが裁判所に提出した研究所からの分析結果が記載された書類には、「広域に渡ってダメージを受けている。これは度重なる脱色による影響を受けた累積によるものである」と記載されているという。

ガブリエルはナラちゃんの髪の毛をストレートにしたり、化学薬品を用いて髪の毛の色を明るくしたりなどの行為はしていないとしており、髪の毛が明るくなったのは太陽を浴びた結果だと主張していた。

裁判官は、ナラちゃんの両親どちらもナラちゃんの髪の毛を変えるような行為は許されないと言い渡したようだ。

一方で最近の報道によると、ハルはガブリエルに支払っているナラちゃんの養育費を80%削減したいと申し出たという。というのも以前、裁判所は月に1万6000ドル(約190万円)の養育費を支払うようハルに命じていたのだが、実際このお金をカブリエルが生活費としてすべて使っているとハルは主張しており、月3000ドル(約36万円)にまで引き下げたいとしているのだ。

裁判所に提出された書類の上に記載されたハルの主張では、ガブリエルには「完全に仕事をする能力があり」、養育費を減らしたとしてもガブリエルが働いたお金を使えばナラちゃんが今までどおり快適に暮らすことができるとしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop