ジョニー・デップ、キャサリン妃のヌード画を購入

ジョニー・デップが英キャサリン妃のヌード画を購入したという。ジョニーはストリートアーティストのペガサスによるその作品にかなりの大金を費やしたようで、さらにはウィリアム王子との第2子を妊娠中のキャサリン妃の膨らんだお腹を描いたものの作成をペガサスに発注したという。その2枚目の作品は何も衣服を身に着けていないキャサリン妃の膨らんだお腹に王冠が乗せられているというものなるという。

ジョニーはまた、7日(日)にロンドン北部イズリントンにオープンしたペガサスのギャラリーを訪れた際にエリザベス女王の肖像画も2万5000ポンド(約470万円)で購入したという。ジョニーはペガサスの大ファンだと言われており、即座にその作品の数々を手に入れたようだ。ペガサスのマネージャーを務めるレオナルド・ヴィラ氏はメトロ紙に「ジョニーが来ることと、キャサリン妃の作品を欲しがっていることは知っていました」「私の妻や娘にさえもそのことは言いませんでしたが、ジョニーは来ると思っていました。とても魅力的な人で、すぐに絵画を購入して2作目にもオファーをかけてくれました」「ペガサスのギャラリーのオープニングでは全作品が15分以内に完売しました」「現在ペガサスは全てのオーダーを満たせないくらいです」と話している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop