ジュリア・ロバーツ、ジバンシィの新しい顔に起用

ジュリア・ロバーツがジバンシィの新しい顔に起用された。ジュリアは、ボックス・ジャケット、レースのシャツ、タキシード・ドレスなどのクラッシックなスタイルをテーマとする同ブランドの春のキャンペーンで広告塔を務めることになった。同ブランドのクリエイティブ・ディレクターであるリカルド・ティッシたっての希望でジュリアはその役に抜擢されたようで、リカルドはジュリアとのコラボを喜び、同コレクションの雰囲気を内に持つ「とてもパワフルな女性」を体現してくれているとWWDに話している。「このとてもパワフルな女性がこのショーの雰囲気なんだよ。ジュリアはそれを体現しているよ」「ジュリアはオートクチュールの部分を表現してくれているんだ。自分の代表作を見せるのは大切だよ。これぞ本物のクラッシックな服っていうものを作りたいんだよ」「ジュリアは本当に僕の女性像だよ。楽しさにあふれ、オープンな感じを持っているよね」「女性として素晴らしいよ。彼女のことが大好きなんだ。面白いし、皮肉好きで、賢くて、教養、全てを持っているね」

さらにジバンシィはマート・アラス&マーカス・ピゴットによって撮影されたその広告ができるだけ「正直」なものになることを目指したそうで、「純粋」で「まじめな」スタイルにすることによってジュリアの「新鮮で新しい」部分を惹きだしたかったと説明した。「ジュリアをさらに知的、まじめ、純粋な感じにすることにしたんだ。それで、ちょっと違って、新鮮で新しい形のジュリアを見ることができるってわけさ。本当にクールで都会的だと思うよ」「キャンペーンの中にリアリティがあるのが好きなんだ。本物になることが現代的だと思うんだよ。服だけでなく、本当にアピールしたいものを見せたいんだ...この広告はとても正直なものだと思うよ」

ジバンシィの春の新広告は来年3月にヴォーグ、グラツィア、エル、マリ・クレール、GQをはじめ、パープル、V、インタビュー、CRファッション・ブック、システム、ラブなどの雑誌の誌面を飾る予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop