エド・シーラン、英iTunesの年間アルバムランキングでトップに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エド・シーランが今年のiTunes英年間アルバムランキングでトップに輝いた。6月にリリースされたエドのセカンドアルバム『x(マルティプライ)』が2014年を通して英iTunesで最もダウンロードされたことが明らかになった。この嬉しい結果を受けて、エドは「今年iTunesで最も売り上げたアルバムになったなんて本当に嬉しいよ」とコメントしている。先日には、同アルバムがスポティファイで世界で最もストリーミングされた作品であり、4億3000回も視聴されたことがわかったばかりだった。さらにiTunesの同ランキングでは、サム・スミスの『イン・ザ・ロンリー・アワー』が2位、『アナと雪の女王』のサウンドトラックが3位とつけている。

一方年間シングルランキングでは、世界的大ヒットとなったファレル・ウィリアムスの『ハッピー』が堂々の第一位を獲得しており、続いて英Tunesがベスト・ソングにも選出し、グラミー賞にもノミネートされているクリーン・バンディットとジェス・グリンの『ラザー・ビー』が2位となっている。クリーン・バンディットはこのニュースを受けて、「『ラザー・ビー』がTunesのソング・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなんて、最高だよ。購入してくれて、応援してくれたみんな、本当にありがとう。2014年は素晴らしい年だよ。みんな、メリークリスマス」と話している。そのほか、メーガン・トレイナー、エラ・ヘンダーソン、ジョン・レジェンドもシングルランキングでトップ10入りを果たした。

音楽以外の部門では、『スリーズ!』がiPhoneゲーム・オブ・ザ・イヤーに輝く中、『モニュメントバレー』がiPadのゲーム・オブ・ザ・イヤーに選出され、『マインクラフト:ポケット・エディション』が2014年度の最も購入されたiPhone と iPadのアプリとなった。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop