トラブル続きのスティーブ・ジョブズ伝記映画、今度はジェフ・ダニエルズが出演候補に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェフ・ダニエルズがスティーブ・ジョブズの伝記映画で出演者候補に挙がっているようだ。ジェフに話が持ち掛けられているのは1983年から1993年にかけてアップル社のCEOを務めたジョン・スカリー役で、脚本家のアーロン・サーキンが同作に向けたリサ―チをしていた際に会っていた人物でもある。まだ正式なオファーはされていないものの、ジェフはその役柄に向けてダニー・ボイル監督の最有力候補となっているとザ・ラップは報じている。

『ジョブズ』と名付けられたこの新作は、ここ数か月で数々のトラブルに見舞われており、最近ではアカデミー賞受賞女優のナタリー・ポートマンが同作への出演を断っていた。そのことによりナタリーがオファーされていたMac社の元マーケティング主任であるジョアンナ・ホフマン役は演じる女優を現在も引き続き探しているところだ。

これまでにはジョブズ役をレオナルド・ディカプリオやクリスチャン・ベイルが断っており、クリスチャンは2011年10月に56歳で他界したジョブズ役に自分が合っていないということを理由に挙げていた。現在ではマイケル・ファスベンダーがジョブズ役、セス・ローゲンがアップルの共同設立者であるスティーブ・ウォズニアック役にそれぞれ決定している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop