カニエ・ウェスト、BETオナーズでビジョナリー賞受賞へ

カニエ・ウェストがBETオナーズ・2015でビジョナリー・アワードを受賞することになった。カニエはその「多面的な先駆者かつ開拓者」としての存在感を認められ、今回の受賞に至ったとBETのウェブサイトで説明されている。「カニエ・ウェストはレコード・プロデューサー、ラッパー、映画制作者、ファッションデザイナーとしての活躍を含む芸術界におけるその類まれな貢献を評されることになりました。彼はその独特で先見の明のあるアプローチにより数々の偉業を達成してきた他面的な先駆者かつ開拓者と言えます」

来年1月24日にワシントンで行われる同式典では、カニエを含めて5人が表彰されることになっており、アッシャーも受賞者として発表されている。アッシャーにはその20年間におけるキャリアに対し、ミュージカル・アーツ・アワードが贈られることになっている。また、フィリシア・ラシャドがシアトリカル・アーツ・アワード、ナショナル・ミュージアム・オブ・アフリカン・アートのスミソニアン協会会長でスペルマン大学の元学長であるジョネッタ・B・コールがエデュケーション・アワード、マイクロソフト社の会長ジョン・W・トンプソンがテクノロジー・アンド・ビジネス・アワードを受賞する予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop