ビヨンセ、妹ソランジュに豪華ハネムーンをプレゼント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビヨンセが妹ソランジュ・ノウルズのために14万ドル(約1700万円)の豪華ハネムーンをプレゼントしたようだ。ビヨンセはソランジュと夫アラン・ファーガソンのブラジル、トランコゾでのハネムーンの代金を支払ってあげることにしたようで、今年に起こったソランジュとジェイ・Zのもめ事の埋め合わせの意味でもUXUAカサ・ホテル&スパ内の1泊1100ドル(約13万円)というグラブ・マハルという豪華ヴィラでの宿泊費のほか、数々の待遇をほどこしてあげたという。ある関係者はヒート誌に「ビヨンセはソランジュに高級旅行のほか、ボートをチャーターしてあげたり、特注の食事なども用意してあげたんです」「これはジェイとソランジュのもめ事に対するビヨンセなりの謝罪なんですよ。それにもちろんビヨンセは、妹が夢のような男性と結婚したことに感激していますからね」「ビヨンセは家族一同で幸せな時間へと動き出したいんですよ」と説明している。

今回のハネムーンだけでなく、先月に行われた結婚式当日にもビヨンセはシーフードに対するアレルギー反応を起こしたソランジュを窮地から救っていたことが明らかになっていた。当時の状況を母親のティナはこう説明していた。「式の後、食事をして、その時は平気だったんだけど、ニューオーリーンズの2本目の道に入った頃に、たぶんあの子もかなり踊っていたからそれで暑くなり過ぎちゃったんでしょうね。それにシーフードもアレルギー反応を起こしちゃったんだと思うわ。それであの子の顔にじんましんが出ちゃったの」そこでソランジュが祝いの場から2時間ほど姿を消した間、ビヨンセがソランジュに抗アレルギー剤をあげたそうだ。「ビヨンセがソランジュをホテルに連れて帰ってベナドリルを飲ませて、2時間以内には披露宴に戻ってきて息子と踊ったり、良い時間を過ごしていたわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop