クリント・イーストウッド、元愛人に8000万円以上の家を購入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリント・イーストウッド(84)が元愛人のために71万5000ドル(約8400万円)の家を購入していたことが分かった。妻ディナ・イーストウッドとの破局後に交際がささやかれたエリカ・トムリンソン=フィッシャー(43)に1950年代に建てられた2つのベッドルームを所有する家を買ってあげていたとみられている。ある関係者は「クリントの3億7500万ドル(約445億円)の資産をめぐって妻ディナと争っているためクリントはなかなか離婚が成立しないんです」「でもクリントはエリカに家を買ってあげる時間はあったみたいですね」と語った。

今年3月、エリカに家を買ってあげたクリントであったが、現在はカリフォルニアにある自身が所有しているミッション・ランチ・ホテルの元従業員であるクリスティーナ・サンデラとのデートを楽しんでいるようだ。前述の関係者はナショナル・エンクワイアラー誌に対しこのようにも語っていた。「家をぽんと買ってあげるくらいですからクリントはまだエリカをかわいがっているみたいですよ」「エリカの息子ブレイクはクリントの製作アシスタントとして働いていますので、気持ちは分からないでもないですね」

クリントと妻ディナは17年間連れ添った後、2013年10月に破局を迎えており、資産のみならず2人の17歳の娘モーガンの養育権を巡って熾烈な争いを繰り広げているようだ。そんな2人はまだ法的な離婚は成立していないものの、ディナはエリカの元夫であるスコット・フィッシャーとのロマンスが囁かれている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop