ジャック・ホワイトが新作アプリを発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャック・ホワイトがバーチャルリアリティのアプリを発表した。Googleの段ボール式VRヘッドセットGoogle Cardboardを使用した「ジャック・ホワイト:サード‐D」では、アンドロイド機種を通じてファンにジャックのライブを360度から楽しめる経験を提供する。そのアプリでは「実体験かのような360度の立体的な3D」が体験でき、ドルビーのアトモスによるサウンドシステムが使用されているという。

今のところボストンのフェンウェイ・パーク内にあるザ・ブリーチャー・シアターで行われたジャックの『フリーダム・アット・21』『ボール・アンド・ビスケット』やコロラドのレッドロック野外劇場での『デッド・リーヴス・アンド・ザ・ダーティ・グラウンド』のパフォーマンスの模様がこのアプリを通じて楽しめるようになっている。このアプリの使用にはアンドロイド5.0か6.0とGoogle Cardboardが必要となるが、Google Cardboardを持っていないユーザーでも2Dで動画を見ることができるようになっており、ジャックのホームページではピザの箱など日常用品を使ってのオリジナルのヘッドセットの作り方まで公開している。

今回の新アプリ発表を記念して、ジャックのサードマン・レコードのテネシー州ナッシュビルにある店舗では、10日(水)にジャックのアルバム『ラザレット』の特別版を購入した75名のアンドロイドユーザーに限定版の「サードマン・Google Cardboard」をプレゼントしていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop