ミュージシャンの長者番付で1位はドクター・ドレー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドクター・ドレーがフォーブス誌による2014年度のミュージシャン長者番付でトップに輝いた。ドレーは昨年6億2000万ドル(約732億円)という高額の収入を上げており、この大半はビーツ・エレクトロニクス社をアップル社に売却したことによるものとなっている。そのドレーに大差をつけられながらもビヨンセが1億1500万ドル(約136億円)で2位に続いており、ワールドツアーで高収入をあげたイーグルスが1億万ドル(約118億円)で3位につけている。

そんな中8200万ドル(約97億円)で4位につけたボン・ジョヴィは、スタッフのコストを最小限に抑える「効率の良さ」がこの収入に影響しているとジョン・ボン・ジョヴィが説明している。「効率を良くすることが賢いことだと思うんだよね。ツアー中にメンバー1人ずつにパーソナルアシスタントや警備員を付けたりするバンドもあるけど、俺たちなんて1人も警備を雇っていないんだ」

そんなボン・ジョヴィに100万ドル(約1億2000万円)という僅差で5位につけたのは8100万ドル(約96億円)のブルース・スプリングスティーンで、さらにジャスティン・ビーバー、ワン・ダイレクション、ポール・マッカートニー、カルヴィン・ハリス、トビー・キースがトップ10入りしている。

フォーブス誌は業界専門家の話を聞き、2013年6月から2014年6月におけるツアーと楽曲の売上、出版物、関連商品からの売上、広告売上、その他の事業からの収入を合算してこの番付を作成している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop