キルスティン・ダンスト、人気ドラマ『ファーゴ』に出演決定!

キルスティン・ダンストが人気ドラマ『ファーゴ』のシーズン2に出演することになった。キルスティンは『ブレイキング・バッド』などで知られるジェシー・プレモンスとペギーとエド・ブロムクイスト夫妻を同作で演じることになるという。放送局のFXによれば、ペギーは「都会での夢を抱いた小さな町のビューティシャン」で、エドは「妻の願望がよく理解できないながらもその自己発見を支援しようと願う」肉屋のアシスタントという役どころになるという。

シーズン2は前作の事件から30年前にあたる1976年に設定されており、サウスダコタ州スーフォールズとミネソタ州ルバーンが舞台となるようだ。同シリーズのクリエーターであるノア・ホーリーは、この作品がシーズン1でキース・キャラダインが演じたモリーの父ルー・ソルヴァーソンがベトナム戦争から帰還したばかりの若かりし頃に捜査した事件を中心に話が展開すると明かしている。4歳の頃のモリーのほか、ルーの妻も登場する予定だ。

シーズン2の撮影は来年1月からカナダのカルガリーで開始される方向で、来秋にはアメリカでの放送が予定されている。

マーティン・フリーマン、ビリー・ボブ・ソーントン主演でアリソン・トールマンがモリー・ソルヴァーソンを演じたシーズン1は、エミー賞を3部門で受賞する成功を収めていた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop