ジャンクフードでペットが凶暴になるとチャリティ団体が警告!

ジャンクフードを与えられたペットが凶暴になると警告しているチャリティ団体があるようだ。動物愛護団体のピープルズ・ディスペンサリー・フォー・シック・アニマルズ(PDSA)によると、貧しい食生活と運動不足がペットの反社会的な行動の原因となっているという。「我々の最新の調査によると、トレーニングと社交、エクササイズ不足が原因で犬の反社会的な行動は上昇するばかりです」「残念ながら飼い主たちは自制心のない量の不適切な食事をペットに与えるばかりなのです」と同団体は説明している。

PDSAはチップスやファストフード、酒類などを飼い主たちが与えることで、この問題はさらに悪化すると警告している。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop