マリア・シュライバー、息子の恋人マイリー・サイラスを避ける!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーノルド・シュワルツェネッガーの別居中の妻マリア・シュライバーが、マイリー・サイラスも出席すると知ったことであるパーティーへの参加をキャンセルしたという。弟のアンソニー・シュライバーと共にアート・バーゼル・マイアミに参加する予定だったマリアだが、21歳の息子パトリック・シュワルツェネッガーと交際中のマイリーも出席する予定だと知って参加を取りやめたのだという。ある関係者は「マリアはアンソニーと前からアート・バーゼルに行く予定でしたが、マイリーがパトリックと一緒に来ると聞いてキャンセルしたんです」と話している。

ローリーで行われたトミー・ヒルフィガーとジェフリー・ダイチ主催によるそのパーティーにマイリーはギリギリになって参加が決定したというものの、ステージ上でシルバーの乳首隠しだけの姿になったり、トップレスの女性たちやペニスの格好をした男性と踊ったりしたことで、話題をかっさらっていた。さらにステージ上でマリファナを吸っていたマイリーは、そのことでパトリックとの間にもめ事を引き起こしたと別の関係者はニューヨーク・ポスト紙のページ・シックス欄に明かしている。「パトリックはドラッグ反対派ですがマイリーはそんなことを気にも留めません。彼女はステージでマリファナも吸いましたし、残りの週末に他に何をやっていたかなんて誰も分かりませんよ」「そのことでパトリックと喧嘩しているのも耳にされていました。パトリックがドラッグの使用に関与するなんてあり得ないですからね。彼の家族はアメリカの貴族のようなものですから」

以前からマリアがパトリックとマイリーの交際を良く思っていないということは報じられていた。マリアはマイリーが先月に行われた22歳の誕生パーティーで男性の陰部の形をしたおもちゃにまたがっている写真を見て以来、懸念していたとまた別の関係者は説明していた。「あのペニスだらけの誕生会の写真ですっかり嫌気がさしたようです。マイリーがやれることでも最悪のことと言えますね」「マリアはマイリーによるパトリックへの影響をとても心配しています。周囲の人間によってその人の人間性が決まるという考えを持っていますし、これまではパトリックが選んだ友人たちにも満足していましたから、まさかこんなことになるとは思っていなかったようです」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop