ノエル・ギャラガー、ティーンエイジ・キャンサー・トラストのチャリティコンサートでヘッドライナーへ

ノエル・ギャラガーが来年3月にロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで開催されるティーンエイジ・キャンサー・トラストのコンサートでヘッドライナーを務めることになった。昨年のコンサートでは監修も務めたノエルは、今回3月28日のイベントへの出演で7回目となる。ノエルは「15年後に、ティーンエイジ・キャンサー・トラストのために世界でも最高峰のこの会場で俺らがさらなるギグをやろうとしているなんて誰が想像できたと思うかい?バンド、アーティスト、コメディアンのみんな、その継続してくれている支援をありがとう。そして、すべてを実現可能にしてくれている人々に最大の敬意を払うよ。3月28日土曜日に会おうぜ!」とコメントしている。さらに、同チャリティ団体の後援者でありイベントの監修を務めるロジャー・ダルトリーは、ノエルが再びコンサートに戻ってくることへの喜びを表している。「ノエルは2000年のティーンエイジ・キャンサー・トラストの初のショーに俺らと出演していて、今回ロイヤル・アルバート・ホールに帰ってくるのが7回目になるんだ」「ノエルは何年にも渡って自分の心と魂をこのショーに捧げてくれいて、2013年には監修もしたし、ティーンエイジ・キャンサー・トラストのためにライブアルバムさえもリリースしているんだよ」「ノエルは、世界のトップアーティストの1人というだけでなく、自分を無条件に捧げてくれるんだ。ノエルは俺らのミッションにとっての重要なサポーターであり、ノエルとその功績をこころから誇りに思うよ」

現在のところ、サポートアクトはフューチャー・アイランズが務めることが明らかになっているが、その他の出演アーティストについては、今後発表されていく予定だ。同イベントのチケットは今月16日(火)から発売予定だ。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop