テイラー・スウィフト、アレサ・フランクリンのバースデーソングに感激

テイラー・スウィフトのためにアレサ・フランクリンがバースデーソングを歌ったという。テイラーの25歳の誕生日の前日に行われたビルボード・ウィメン・イン・ミュージックの昼食会でアレサが『ハッピー・バースデー』をテイラーのために歌ったそうで、テイラーはその取り計らいに大感激したようだ。そのアレサの特別パフォーマンスを収めた画像を投稿し、テイラーは「アレサ・フランクリンが私に『ハッピー・バースデー』を歌ってくれたの。現実感を取り戻すのに何十年もかかりそうだわ」とツイートした。

10月にはビルボード・ウーマン・オブ・ザ・イヤーに選出されていたテイラーだが、ニューヨークで行われたこのイベントで正式にその栄誉を受け取ったことへの感激も受賞スピーチで語っていた。「2度もビルボード・ウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなんて、一足早い最高の誕生日プレゼントだわ」「今夜12時になったら25歳になるけど、(最新アルバムの)『1989』のように思いっきり祝うつもりよ。あの曲を書いた時に悪いジョークだと分かっていながらもやっちゃったのよ!」

また、その場でテイラーは今年の最高の瞬間についても語っていたとBillboard.comは報じている。「私にとって今年の最高の瞬間と言えば、力強いメッセージと自分の人生を注ぎ込んだアルバムを提供すればみんなが買ってくれると私のファン達が証明してくれた時よ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop