リカルド・ティッシ、グッチの新クリエイティブ・ディレクターに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リカルド・ティッシがグッチの新クリエイティブ・ディレクターの候補に挙がっているようだ。フリーダ・ジャンニーニが来年2月をもって同職から退任するとホールディングカンパニーのケリングが12日(金)に発表した後、リカルドがその後任を務めるのではと報じられている。WWDによると、ジバンシイでクリエイティブ・ディレクターを務め、来年でちょうど在籍10年となるリカルドは、2013年2月に契約更新をしてから2015年10月まで同ブランドに従事する契約を結んでいる状況だという。そのほか、同ポジションの候補には、自身の名を冠したブランドの株をケリングが保有しているクリストファー・ケインや、同じくケリングが少数株式を保有しているジョセフ・アルチュザラをはじめ、サンローランの元クリエイティブ・ディレクターのステファノ・ピラーティ、ボッテガ・ヴェネタのトーマス・マイヤー、エミリオ・プッチのピーター・デュンダス、ヴァレンティノのグラツィア・キウリなどファッション界で活躍するデザイナー陣が名を連ねているようだ。

ケリングの広報担当はこれらの予想について、「これら噂についてコメントすることはありません。唯一申し上げられることは、後任の件は進行中ということだけです」とコメントを出さない態度を示している。

一方、CEOを務める夫パトリツィオ・ディ・マルコもフリーダと共にグッチを去ることが先週発表されていたが、ディ・マルコの後任にはマルコ・ビッザーリが就任することになっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop