スティーヴィー・ワンダーに第9子が誕生

スティーヴィー・ワンダー(64)に第9子が誕生した。昨年にはスティーヴィーにとって8番目の子供となる子供を出産したばかりの恋人トミーカ・ロビン・ブレイシーが娘ニアちゃんを出産したとスティーヴィーの代理人がUsウィークリー誌に認めた。そのほかの詳細についてはまだ明らかになっていない。

そんなスティーヴィーは最近トミーカが3つ子を妊娠しているという噂を笑って否定し、女の子が誕生することとその名前をすでに決めていると話していた。「俺には22人の子供がいるって?本当じゃないよ。素晴らしい娘が12月に生まれることが事実であって、娘の名前は『決意』という意味を持つ二アになるんだ」スティーヴィーの代理人もその名前が「クワンザの7つの原則の」一つである決意であることを認めている。

さらに、これまでに2度の結婚経験を持ち、5人の女性との間に子供をもうけてきているスティーヴィーは、子供が自分を必要とする時に常にそばにいてあげられるわけではなかったものの、歳を取ってきた最近では、1歳から39歳に渡る子供たちとより一層深い絆を築き上げているのだと友人に語っていたそうだ。ある関係者は「(長女の)アイシャは父親との時間をずいぶん楽しんでいるようで、一緒に食事をしたり冗談を言ったりしています」「それに(息子の)ムムターズには音楽面での手助けもしてあげていて、しょっちゅう息子がいかに才能があるか口にしていますよ」「スティーヴィーは父親業というものが常時要求される仕事であると分かっていますし、少し歳を取ってきた今こそ、その仕事に真剣に取り組んで子供たちをがっかりさせないようにするべきだと感じているんです」と話していた。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop