クロエ・グレース・モレッツが撮影中に膝を負傷!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロエ・グレース・モレッツが膝を捻挫してしまったようだ。アトランタで行われている新作『ザ・フィフス・ウェーブ』のスタントシーン撮影中に怪我を負ってしまったクロエは、現在右足に大きい黒いサポーターをつけているという。17日(水)にロサンゼルス国際空港で松葉杖をついて歩いている様子を写真に撮られたクロエの広報担当はE!ニュースに対し、「クロエは軽い捻挫を負っているだけです。クロエはすべてのスタントを自分自身で演じているので」とコメントしていた。

ツイッター上ではファンたちからクロエの回復を祈るコメントが寄せられており、それに対してクロエは「ありがとう。ただの軽い捻挫なんだけど、今はもっと気をつけるようにしているわ」と返答している。

ほとんどのスタントを自身でこなしているというクロエだが、先日には「実生活ではすこしオタク」であり、リスクを負うようなことはあまりしないとコメントしていたばかりだった。「実生活では私はすこしオタクなの。でも仕事となると私は変わるのよ」「私は何かクレイジーなことをするタイプじゃないし、私の母は私が落ち着いた人間であるように目を光らせているわ」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop