女性が遺言で飼い犬の殺害を依頼!?

自分が死んだ際には飼い犬も殺して一緒に埋葬して欲しいと頼んだ女性がいるという。昨年に他界したこのアメリカ人女性は、愛犬ベラを安楽死させて火葬し、自分の隣に埋葬して欲しいという遺書を残していたという。

この女性の遺言は米インディアナ州中西部の町で批判をあおったものの、実際にはベラに適した保護施設が見つからなかった場合のみの希望として記載されていたと言われている。また、この女性は担当弁護士にベラが凶暴であり、獣医からも安楽死を勧められたことがあると話していたそうだ。その担当弁護士は「外部の人間は私の依頼人の用意していた遺書を書き換える立場ではありませんし、希望を押し付けることもできません」とコメントしている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop