リタ・オラ、トミー・ヒルフィガーの息子と破局

リタ・オラ(24)がトミー・ヒルフィガーの息子でラッパーとして活躍するリッキー・ヒル(24)と破局したようだ。およそ半年間に渡って交際をしていた2人だが、リタの多忙なスケジュールが原因で破局を迎えることになったという。ある関係者は「リタはとにかく多忙で、今はとにかく全力疾走しているという感じなんです」「英BBC1の『ザ・ヴォイス』にも出演していますし、これから発売されるメイクや洋服、香水などのプロモーション活動もあります」「ハリウッド映画に出演していることは言うまでもありませんし、今週はオバマ大統領のためにパフォーマンスもしていたり、セカンドアルバムに向けてレコーディングもしているところなんです」「現実的に考えて落ち着いた交際をする時間なんてないんですよ。何か争いがあったわけではなく、徐々に心が離れて行ってしまっただけなんです」と説明している。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の公開も控えているリタは今後もリッキーと良い友人関係を続けていくつもりだとしているものの、あまりにも仕事に時間が取られているため、恋人関係を続けていくのは現実的でないと判断したようだと前述の関係者はデイリー・ミラー紙に続けた。「2人は先月のリタの誕生日祝いでいったマラケシュでとても楽しい時間を過ごしましたが、それ以来リタはアメリカでノンストップで仕事をしているんです」「リタはリッキーのことを好きですが、自分のアルバムを制作中の今は自身のキャリアの方が大事なんです」「でも2人には共通の友人がたくさんいますので、今後も連絡は取り続けていくことになるでしょう」「でも今はただ付き合うということが現実的ではないだけなんです」

リタは1年以上に渡って交際していたカルヴィン・ハリスと6月に別れており、今回が今年に入って2度目の破局となる。その際にも今回同様、リタの多忙な仕事のスケジュールが破局の原因となっていた。リタは先日カルヴィンとの交際についてこう語っていた。「お互いに会う時間がないと、出来ることがとにかく限られてしまうでしょ。遠距離恋愛をしている人達を心から尊敬するわ。本当にすごいことよ。私にはできなかったもの」「正しい相手であったけどタイミングが悪かったの。私はツアーを始めるところだったし、彼もあちこち飛び回っていたからね」

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop