サム・スミス、全米と全英でアルバム100万枚を売り上げる快挙!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サム・スミスが2014年に全米と全英で100万枚以上のアルバムを売り上げた唯一のアーティストとなった。今年に発表されたデビュー作『イン・ザ・ロンリー・アワー』がイギリスとアメリカの両国で100万枚の売上を達成し、今年最大のセールスを記録したアルバムとなった。このニュースに対して感激の様子のサムは「UKでアルバム100万枚売上、アメリカでアルバム100万枚売上。完全に言葉が出ないよ」とツイートしている。同作は両国において100万枚という数字に24時間以内の差で達したようだ。

ニールセン・ミュージックによると、米国内で今年100万枚以上を売り上げたのは『ステイ・ウィズ・ミー~そばにいてほしい』も収録されているこのアルバムのほか、テイラー・スウィフトの『1989』、イディナ・メンゼルが歌う大ヒット曲『レット・イット・ゴー』が収録されたディズニー映画『アナと雪の女王』のサウンドトラックだけだという。一方のイギリスでは、あとはエド・シーランが『x』で100万枚を達成しているだけとなっている。

関連リンク
この記事をシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
gotop